全国大学史資料協議会
トップページ

記事一覧

この記事について

2019年2月18日 08:51に登録された記事です。

ひとつ前の記事は「〔西〕2018年度第6回幹事会開催について(通知)」です。

次の記事は「〔東〕第180回東日本部会幹事会の開催について(通知)」です。


刊行図書



日本の大学アーカイヴズ
全国大学史資料協議会 (単行本 - 2005/12)
価格: ¥ 5,184 (税込)
お知らせ一覧
〔東〕第114回東日本部会研究会の開催について(案内)

2019年2月15日

会員各位

全国大学史資料協議会東日本部会
会長 明 治 大 学

第114回 全国大学史資料協議会東日本部会研究会の開催について(案内)

 標記の研究会を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。今回の研究会は、帝国データバンク史料館を会場として開催いたします。
 帝国データバンク史料館は、2007(平成19)年4月に信用調査業界唯一の史料館として開館しました。信用調査業の歴史を展示することで、社内外に対し「開かれた史料館」「保存する史料館」「支援する史料館」の3つの役割を果たしています。特に、社外支援にあたる大学ゼミとの合同勉強会、特別企画展等の産学連携の取り組みは、保有資料とデータを研究活用し、成果発表の場を提供するもので、史料館独自の活動として大きな成果をあげています。
 今回の研究会では、企業博物館としての取り組みについてお話しをいただくとともに、史料館の見学を予定しています。
 研究会テーマを「大学アーカイヴズの可能性」とした、今年度第五回目の研究会です。年度末でご多忙とは存じますが、会員皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日 時:2019年3月14日(木)14時30分~16時30分(予定)
会 場:帝国データバンク史料館
   (所在地)東京都新宿区四谷本塩町14-3
    ※ 帝国データバンク史料館へのアクセスは、以下のURLをご参照ください。
     http://www.tdb-muse.jp/guide/access.html
講 演:「企業博物館のこれまでとこれから」
     高津隆氏(帝国データバンク史料館館長)

    ※講演終了後は、帝国データバンク史料館内の見学を予定しています。
    ※今回の研究会は事前に参加者氏名を会場に連絡する必要があります。
    ※参加を希望される方は、締め切り(2019年3月11日正午)までに必ず会員専用ページ(https://univ-archives.sakura.ne.jp/m/)より出席届を入力してください。
    ※当日は、史料館1階の受付にて入館手続きの上、ご入館ください。

以 上

【連絡先】
日本大学企画広報部広報課
〒359-0003 所沢市中富南4-25
TEL:04(2996)4555
FAX:04(2966)4592
MAIL:nuhistory&%$nihon-u.ac.jp

立教学院展示館
〒171-8501 豊島区西池袋3-34-1
TEL:03(3985)4841
FAX:03(3985)4858
MAIL:tenjikan&%$rikkyo.ac.jp
御連絡の際は、&%$を@へ変更してください。

当協議会について | サイトマップ | お問い合わせ | ©2007- The Japanese Association of College and University Archives, All Rights Reserved.