全国大学史資料協議会
トップページ

記事一覧

この記事について

2018年11月22日 14:13に登録された記事です。

ひとつ前の記事は「拓殖大学創立120周年特別展示「地の境を越えて 西郷菊次郎と隆治、隆秀 ―拓殖大学国際交流の命脈」」です。


刊行図書



日本の大学アーカイヴズ
全国大学史資料協議会 (単行本 - 2005/12)
価格: ¥ 5,184 (税込)
お知らせ一覧
【早稲田大学大学史資料センター】第4回早稲田大学大学史セミナー開催のお知らせ

早稲田大学では、第4回早稲田大学大学史セミナーを開催します。奮ってご参加ください。

≪第4回早稲田大学大学史セミナー≫

テーマ:歴史のなかの私立大学経営と早稲田

講 師:戸村理氏(國學院大學教育開発推進機構准教授)

日 時:2018年12月5日(水)18:00~19:30

会 場:早稲田大学早稲田キャンパス大隈会館2階 N201-202会議室

(事前申込不要・入場無料)

※セミナーチラシ

https://www.waseda.jp/culture/archives/assets/uploads/2018/11/4th-daigakushi-seminar.pdf

 早稲田大学では、2032年の創立150周年に向けて『早稲田大学百五十年史』の編纂事業を進めています。また、会員の皆様もご存じの通り、現在全国の各大学において自校史の編纂や教育に対し積極的な取り組みがなされ、自校史に対する要望も、大学の自己点検とともに広報戦略の一翼を担う役割が求められるなど、広がりをみせています。このような中、自校史編纂の現状を確認し、さらなる可能性を掘り起こすべく、2015年度より「大学史セミナー」を開催しています。

 第4回目となる今回は、「歴史のなかの私立大学経営と早稲田」をテーマとし、『戦前期早稲田・慶應の経営』(ミネルヴァ書房、2017年)の著者である戸村理氏(國學院大學教育開発推進機構准教授)を講師にお招きして、戦前期の早稲田における大学経営について、他の私立大学の動向などにもふれつつ、現代的視点からお話しいただきます。

 経営という観点から大学の歴史をとらえなおすことは、自校史編纂において不可欠な要素であるとともに、これからの大学経営を考える上でも指針の一つになると思われます。本セミナーが、大学経営のあり方についてあらためて考える機会となれば幸いです。

 皆様のご参加をお待ちしています。

[お問い合わせ]
 早稲田大学大学史資料センター(担当:嶌田)
 〒202-0021 東京都西東京市東伏見3-4-1 東伏見STEP22 5階
 Tel:042-451-1343
 E-mail:daigakushi-event@list.waseda.jp

当協議会について | サイトマップ | お問い合わせ | ©2007- The Japanese Association of College and University Archives, All Rights Reserved.