全国大学史資料協議会
トップページ

記事一覧

この記事について

2016年5月31日 15:38に登録された記事です。

ひとつ前の記事は「〔東〕第156回東日本部会幹事会の開催について(通知)」です。

次の記事は「名古屋大学大学文書資料室で事務補佐員を募集しています(6/30締め切り)」です。


刊行図書



日本の大学アーカイヴズ
全国大学史資料協議会 (単行本 - 2005/12)
価格: ¥ 5,184 (税込)
お知らせ一覧
【早稲田大学大学史資料センター】 第2回早稲田大学大学史セミナー 「大学アイデンティティーの確認とアーカイブズの充実、そして沿革史の編纂」の開催について

 早稲田大学では今年度も大学史セミナーを開催いたします。第2回目の今回は、「大学アイデンティティーの確認とアーカイブズの充実、そして沿革史の編纂」と題し、寺﨑昌男氏(東京大学・立教大学・桜美林大学 名誉教授)にご講演いただきます。お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください。

 早稲田大学は、現在、2032年の創立150周年に向けて『早稲田大学百五十年史』の編纂作業を進めています。この『百五十年史』では、音声や動画を含むWeb版資料集の展開や、電子書籍等の様々な閲覧媒体への対応など、これまでにない「新しい時代の新しい自校史」が構想されています。

 会員のみなさまもご存知のとおり、現在、全国の各大学が自校史の編纂と教育に積極的に取り組んでいます。自校史に対する要望も、大学の自己点検とともに、広報戦略の一翼を担う役割が求められるなど、広がりをみせています。

 このような中、自校史編纂の現状を確認し、将来への展望を見出すために、本セミナーは企画されました。西山伸氏(京都大学大学文書館教授)を講師にお招きした第1回セミナーには、多くの方々にご来場いただきました。

 第2回目となる今回は、大学史の編纂・研究・教育に長年にわたりたずさわってこられた寺﨑昌男氏をお招きし、大学におけるアーカイブズの役割や大学史編纂が持つ意味などについてお話しいただきます。

 第1回目と同様、多くの関係機関の皆さまのご参加をお待ちしております。

◆第2回早稲田大学大学史セミナー

「大学アイデンティティーの確認とアーカイブズの充実、そして沿革史の編纂」

講師:寺﨑昌男氏(東京大学・立教大学・桜美林大学 名誉教授)

日時:2016年6月8日(水)18:00~19:30

会場:早稲田大学早稲田キャンパス大隈会館(20号館)N201-202会議室

http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

※事前申込不要・無料

◆お問い合わせ

早稲田大学大学史資料センター(担当:廣木、嶌田)

Tel: 042-451-1343(早稲田大学東伏見キャンパス)

E-mail: 150office%$list.waseda.jp ご連絡の際は,%$を@へ御変更ください。

Web: http://www.waseda.jp/culture/archives/

201606第2回大学史セミナーチラシ.pdf

当協議会について | サイトマップ | お問い合わせ | ©2007- The Japanese Association of College and University Archives, All Rights Reserved.